住宅模型と鍵

ネットワークカメラを設置しよう|スマホを使って自宅を守れる

性能の違いを把握しよう

防犯カメラ

コンビニや町中には、犯罪防止のために監視カメラが設置されているものです。誰かに見られているというだけで、犯罪が起こる確率は大幅に減るのです。この監視カメラを設置して、自宅の防犯率を高めるべきです。

Read

玄関の防犯性を高める

扉

自宅のドアは古くなると簡単に壊れる可能性があり、犯罪者が住宅に侵入する確率が高くなります。そのため、業者に依頼して新しいドアに交換するようにしましょう。ネットなどを使えばすぐに見つかるはずです。

Read

防犯効果を高める工夫

鍵

防犯性の高い鍵には沢山の種類があります。例えば、顔認証や指紋認証など、住民のみを判断する鍵や、暗証番号を入力することで開く鍵などがあります。これらの特徴を把握して、住宅の環境に合わせた鍵を選びましょう。

Read

時代に合わせたカメラ

防犯カメラ

現在、身の回りで起こる犯罪は予測できないものが多く、自分で自分の身を守ることはとても大切です。身近な防犯対策としては、監視カメラなどを設置する方法があります。そのなかでも、ネットワークカメラが注目を集めています。ネットワークカメラはよくウェブカメラなどと勘違いされますが、その役割は全然違うものです。ウェブカメラはパソコンにあらかじめ接続しておく必要があり、ビデオチャットなどをする時によく使われます。そのため、あまり防犯効果は高くありません。その反面、ネットワークカメラは、カメラ本体にアドレスがあり、ネット接続のためのルータと繋げば、簡単に動作するようになっています。電源は別で購入する必要がありますが、それ以上に使い勝手がよく防犯効果も高いので、設置しても損をすることはないのです。また、ネットワークカメラで撮影した動画や画像は、クラウドなどを通して保存され、自宅のパソコンのみならずスマートフォンやタブレットから確認することが出来るようになっています。その上、リアルタイムで視聴できるので、自宅に何か異変があればすぐに対応できるはずです。
ネットワークカメラは、設置工事や環境設定などが通常の監視カメラと比べて簡単なので、初めてカメラを設置する人でも気軽に利用できるのです。自宅用のカメラの他に、業務用のネットワークカメラもあるので、万引きなどの犯罪抑止にも効果があります。また、カメラ本体が動き、前後左右たくさんの角度で撮影ができるので、死角を作ること無く犯罪者を見つけることが出来るのです。